医者達

白衣の変化

看護師になる

白衣の購入価格と需要

今では通販でも医療従事者向けのユニフォームを扱っているところが増えました。例えば、ごくシンプルなワンピースタイプでは三千円前後からが多く、ストレッチ機能やデザインにこだわったタイプになると1着一万円近いものも出ています。毎日着るものだからこそ、機能的で動きやすいものや、デザインもお洒落なものが欲しいという要望が取り入れられた結果と言えるでしょう。

白だけじゃない、変わりゆく看護師のユニフォーム

看護師の白衣といえば、ナースキャップに白いワンピースが一般的でしたが、近年変化してきました。ナースキャップは衛生面や、作業中に医療機器へ接触してしまうなど、トラブル防止のため廃止にした病院も多くなりました。そして男性看護師も増え、一日中動き回る必要がある看護師の白衣は、ワンピースから動きやすいパンツスタイルに切り替わっているところも多くあります。しかし今でもワンピースタイプは根強い人気があり、腕周りがストレッチ素材になっていたり、通気性が良いもの、また、アクセントカラーがラインとして入っていたり、全体がパステルカラーのものや、デザイナーがデザインした白衣など、ワンピース・パンツスタイル共に改良されてきています。最近では、海外の看護師が使用しているスクラブというユニフォームを取り入れている医療機関もあります。日本でも最近は病院を題材にしたドラマでも見かける機会が増えました。Tシャツ型でVネックのもので、動きやすく丈夫で安価という点が人気を集めています。『白衣』の色は必ずしも『白』ではなくなってきているようです。